文字サイズ

梨田昌孝氏の所属事務所「本人も病状の回復に全力」コロナ感染公表で

 近鉄、日本ハム、楽天で監督を務めた梨田昌孝氏(66)が新型コロナウイルス感染で陽性反応を示したことが1日、分かった。同日、所属事務所が発表した。重度の肺炎と診断され、大阪府内の病院に入院しているという。

 所属事務所は「医療関係者の皆様、プロ野球関係者の皆様 並びにメディアの皆様、いつも応援して下さっているファンの皆様に、多大なるご迷惑とご心配をお掛けしておりますことをお詫び申し上げます」とコメント。続けて「本人も病状の回復に全力で努めておりますので、医療機関や自宅への取材及びお見舞い、お問い合わせなどはご遠慮いただき、どうか静かに見守って頂けますと幸いです」とした。

 所属事務所は個人のプライバシーとしながら、「ご家族のご理解と許可を得て」公表に踏み切ったことを報告。陽性反応を示すまでの時系列も以下の通りと明らかにした。

 3月25日 倦怠感の症状があったため、自宅にて静養

 同28日 発熱の症状がみられる

 同30日 呼吸困難の症状が現れたため、病院を受診し、総合病院の紹介を受ける

 同31日 紹介された総合病院で重度の肺炎との診断を受け別病院に搬送

 4月1日 新型コロナウイルス陽性が判明

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス