文字サイズ

日本ハム・斎藤佑「今日0点だったのはたまたま」2軍戦で2回無失点も納得せず

 「2軍練習試合、日本ハム2-4西武」(25日、鎌ケ谷スタジアム)

 日本ハムの斎藤佑樹投手は六回から2番手として登板。2回2安打無失点でマウンドを降りたものの、「今日0点だったのは、たまたま。前向きな発言はできない」と納得の投球とはいかなった。

 1-3の六回から2番手としてマウンドにあがった。先頭の呉に四球を出したものの、続く熊代を中飛、最後は柘植を三ゴロ併殺打に仕留め無失点で切り抜けた。

 七回は山田と山野辺に連打を浴び、無死一、二塁とピンチを招いた。しかし、鈴木の送りバントを捕手の郡が三塁封殺に、さらに二塁走者・山野辺の走塁死も重なるなど、相手のミスに救われた形となり、最後は佐藤を遊ゴロに抑えて無失点でしのいだ。

 この日、視察に訪れていた栗山監督は、「苦しんでいるというのは理解できる。今は泥まみれになって野球をやるときだというのは伝えている」と右腕を思いやった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス