文字サイズ

JR東日本・伊藤&西田 ドラフト候補2投手が好投

明治安田生命戦で先発し、7回1失点と好投したJR東日本・伊藤
2枚

 「東京都企業春季大会、JR東日本2-1明治安田生命」

 JR東日本の今秋ドラフト候補2投手が好投し、接戦での勝利に貢献した。先発の左腕・伊藤将司投手(国際武道大)が7回を投げ、被安打4の1失点ときっちりゲームメーク。社会人入り後に習得したチェンジアップがさえ、「変化球でカウントが取れて決め球でもしっかり低めに投げ切れた」と相手打線をほんろうした。

 八回2死一塁からは右腕・西田光汰投手(大体大浪商)がマウンドへ向かった。3ボール1ストライクとカウントが不利になっても動じず。ブレーキの利いたカーブを生かし、空振り三振でピンチを脱した。九回もイニングまたぎ。「そういう場面が去年からずっと多かった」と気持ちを前面に出し、3人で片づけた。

 伊藤は国際武道大時代にプロ志望届を提出したが、指名漏れとなった。西田は高卒3年目だった昨年に右肘を痛めて手術。苦境を乗り越えた左右の両輪が勝負のシーズンと位置づけ、チームの勝利のため腕を振る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス