文字サイズ

ロッテ・ドラ1朗希 注目中のブルペンは「あんまり気にならなかった」【一問一答】

 「ロッテ春季キャンプ」(13日、石垣島)

 レジェンド級の衝撃だ-。ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡=が13日、プロ入り後初めてブルペン入りし、捕手を立たせて25球を投げた。見守った吉井理人投手コーチ(54)は“野茂英雄級”と評価。受け手を務めた柿沼友哉捕手(26)は「体感で155キロ」と証言した。

  ◇  ◇

 (練習後に取材対応)

 -初ブルペンでのテーマや意識は。

 「傾斜で投げることが一番の今日のメインです」

 -平地でのキャッチボールとは違う?

 「タイミングとかが違うと思います」

 -投手としては、マウンドで投げるのは心地いい?

 「今日は、なかったです」

 -課題の方が多い?

 「慣れていかないといけない」

 -5分間の投球。

 「テンポ良く投げました」

 -どんな気持ちだったか。

 「長く感じました」

 -注目される中でのブルペン。

 「あんまり気にならなかったです」

 -石垣島キャンプを終えて。収穫は。

 「一度も離脱することなく、最後までやりきれましたし。キャッチボールもブルペンにも入れて、順調に来て良かったなと思います」

 -1軍のキャンプはどう感じたか。

 「メイン球場ではすごく緊張感のある練習だった。1軍の選手のブルペンを見られてとても勉強になりました」

 -今後の課題は。

 「技術的なことも、練習、トレーニングも一つ一つの精度を上げてできたらなと思います」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス