文字サイズ

日本ハム・中田に唯一無二の特注バット ピート・ローズ型で50グラム増量

 日本ハム・中田翔内野手(30)が自身3度目の打点王を目指す来季に向けて、契約メーカーのミズノ社にピート・ローズ型の増量バットを発注していたことが23日、分かった。

 シーズンオフにバットの担当者の元へ足を運び、綿密な話し合いの末に“新相棒”は決まった。長さは33・5インチで今年と変わらないが、重さは50グラム増やして900グラム。そして、ほぼグリップエンドがないピート・ローズ型に改良を加えた。

 同担当者は「他球団で同じタイプを使っている選手はいないです。中田選手のオリジナルです」と唯一無二のバットであると説明。契約更改交渉後の会見で打点王と日本一奪還を誓った主砲が、新たな相棒を手にプロ13年目のシーズンへ挑む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス