文字サイズ

楽天・松井 投球テンポ改善へ牧田に弟子入り志願「何かコツあれば」

 楽天・松井裕樹投手(24)が2日、入団が決まった前パドレスの牧田和久投手(35)への“弟子入り”を志願。さまざまな経験を持つベテラン右腕から、さらなる飛躍へのヒントをつかみたい考えだ。

 今季は38セーブを挙げて、自身初のセーブ王に輝いた松井。だが、左腕の飽くなき探究心は尽きることがない。牧田の加入決定に「いろいろと勉強をさせてもらいたい」と大きな興味を示した。

 西武時代には先発から抑えまでをこなし、米大リーグも経験。17年WBCなど、侍ジャパンでも一緒だった松井は「アメリカの野球についてや、いろんなポジションを経験しているので、気持ちの面などの話もしたい」とした。

 さらに牧田は西武時代の16年から2年連続で「スピードアップ賞」を受賞するなど、テンポのいい投球も持ち味。「僕はテンポが悪い。何かコツがあれば改善したい」。一流の技を吸収し、進化の道を歩んでいく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス