文字サイズ

侍・鈴木がまたも4番の仕事 初回に先制適時打 今大会11打点目

1回、先制となる適時打を放つ鈴木(撮影・中田匡峻)
3枚

 「プレミア12・2次ラウンド、日本-メキシコ」(13日、東京ドーム)

 侍ジャパンの4番・鈴木誠也外野手が、初回に先制適時打を放った。

 首位に立つメキシコとの大一番。一回、1死から坂本が左前打で出塁。2死二塁の好機で鈴木に打順が回り、左腕ラミレスの137キロをきっちりと中前にはじき返した。

 4番を託された今大会、抜群の勝負強さを発揮。6試合目にして打点は11となった。

 5番外崎も続いて2死一、二塁と好機拡大。ここで6番・近藤にも3連打となる中前適時打が飛び出し、2-0とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス