文字サイズ

侍 先発の今永が粘投無失点「三回で降板は反省点」

 「プレミア12・1次ラウンド、日本8-1台湾」(7日、台中インターコンチネンタル野球場)

 2連勝で2次ラウンド進出を決めていた日本は7日、1次ラウンド最終戦で台湾と対戦し、8-1で完勝。各組上位2チームが進む2次ラウンドは、11日から日本で始まる。 

 先発の今永が粘りの投球で最低限の仕事を果たした。初回に2死一、三塁、そして三回には1死満塁のピンチを招いたが、後続を断って3回無失点。完全アウェーの雰囲気の中でも相手に流れを渡さず「三回で降板してしまったことは反省点ですが、結果的に無失点で抑えられて良かったです」と安どした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス