文字サイズ

中日・与田監督“神の手”今年も発動 石川引き当てた!「順番通り上から」

 「プロ野球ドラフト会議」(17日、グランドプリンスホテル新高輪)

 今年も“神の手”が発動した。3球団競合となった東邦・石川昂弥内野手(18)は中日の与田監督が交渉権を獲得。4球団競合の末に根尾を引き当てた昨年に続き、地元のスター候補を見事にゲットした。

 その瞬間、控えめにガッツポーズを決めた与田監督。「うれしかったけど、ホッとしたのが先だったのかな。去年とは違う感情だった」と当たりクジを引いた時の心境を明かす。

 験担ぎはしなかった。2番目に抽選箱に手に入れた指揮官は「順番通り上(の封筒)から」と深く考えることなく、右手で封筒を手にした。行動に気負いはない。だが、思いだけは強かった。

 「何球団が来ても、絶対もらいにいくという気持ちだけは持っていた。石川君のドラゴンズに入りたい気持ちと、我々が来てほしいという思いが一致した」

 期待の言葉が口をつく。「地元のスター。地元のドラゴンズで活躍して、球界のスターになってもらいたい」。近い将来、根尾と共に最強内野陣を形成することを願った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス