文字サイズ

いよいよドラフト会議 “サプライズ”はあるか?候補に挙がるのは…

 プロ野球のドラフト会議が17日、都内ホテルで行われる。今年は最速163キロを誇る大船渡・佐々木朗希投手、夏の甲子園で準優勝した星稜・奥川恭伸投手、大学球界ナンバーワン評価の明大・森下暢仁投手の「ビッグ3」への注目度が上昇。ヤクルトが奥川、日本ハムとロッテが佐々木、広島が森下に決めるなど、1位指名を公表する球団も続々と出てきた。

 一方で、近年は事前に1位指名を公表する傾向にあった巨人は名前を挙げず。この日、スカウト会議に出席した原監督は「決まったが、名前は伏せる。ファンにとっても、選手にとっても我々にとっても夢がありますから」と笑みを浮かべ、当日を見据えた。

 近年は少しでも競合球団を減らしたいなどの理由で前日までに公表する球団が増えているなか、毎年サプライズもあるのがドラフトだ。DeNA・ラミレス監督は「われわれにとって今までのドラフトで一番インパクトのあるものになる」と予告。17年は日本ハムに入団した清宮に7球団が競合するなか、ルーキーイヤーに新人王を獲得した東の一本釣りに成功した実績もあり、当日の動きに注目が集まる。

 今ドラフトでサプライズがあるとすれば、非公表の球団が“ビッグ3”以外の指名をした場合だろう。JFE西日本の河野竜生投手は左腕から繰り出す151キロが魅力で、即戦力としての期待大。素材型であれば創志学園の西純矢投手、投手に集中するなかで長距離砲の東邦・石川昂弥内野手へ踏み切る球団があっても不思議ではないだろう。

 今年はどんなドラマが生まれるのか。運命のドラフトは17日、午後5時に始まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス