文字サイズ

ロッテ・柿沼が左尺骨骨折 全治4週間 井口監督「早く戻ってきてほしい」

 9月1日のオリックス戦(ZOZOマリンスタジアム)で死球を受けたロッテ・柿沼友哉捕手(26)が4日、千葉県・習志野市内の病院で診察を受けた結果、左尺骨骨折と診断された。

 全治は4週間。井口監督は「ここまで頑張ってくれていた。早く戻って来てほしい」と残念がっていた。代わって吉田裕太捕手(28)が出場選手登録された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス