文字サイズ

巨人 8四死球生かせず完封負け 広島に5年連続負け越しの屈辱 坂本に異変も…

厳しい顔でグラウンドを見つめる巨人・原辰徳監督(右)=東京ドーム(撮影・出月俊成)
3枚

 「巨人0-2広島」(27日、東京ドーム)

 巨人は10残塁の拙攻が響き、完封負け。広島に5年連続シーズン負け越しは、球団初の屈辱となった。

 一回に坂本勇が四球で出塁したが、続く丸が遊ゴロ併殺打。その後も四回無死一、二塁で大城が遊ゴロ併殺打に倒れるなど、拙攻を連発した。先発ジョンソンから8四死球を選びながら、チャンスで一本が出ず。丸が4打数無安打2三振1併殺とブレーキとなった。

 八回には一度遊撃の守備に就いた坂本勇がコンディションに異変を訴え、投球前に交代した。坂本の交代を告げるアナウンスに、本拠地の東京ドームは騒然となった。

 広島とのゲーム差は5・5に。まだ余裕はあるものの、それ以上に坂本勇の状態が気にかかる。

 逆転Vへ負けられない広島はジョンソンが9勝目。二回に松山が6号ソロ、四回にはメヒアが5号ソロを放ち、逃げ切った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス