文字サイズ

星稜・奥川 志願の先発で快投「ホッとした」履正社との決勝へ「あさっても投げる」

勝利し、笑顔でナインとタッチする星稜・奥川(右端)=甲子園(撮影・高石航平)
3枚

 「全国高校野球選手権・準決勝、星稜9-0中京学院大中京」(20日、甲子園球場)

 星稜(石川)が準優勝した95年以来、24年ぶりの決勝進出。悲願の石川県勢初優勝に王手をかけた。22日の決勝では同じく初優勝を狙う履正社(大阪)と対戦する。

 この日の登板を志願してマウンドに上がったエース奥川恭伸投手(3年)は7回2安打無失点、10奪三振と圧巻の投球。初回は先頭打者に安打を許したが、ここから七回2死まで20打者連続でアウトに仕留めた。六回の3者連続を含めて、10奪三振。最速は153キロを計測し、無四球の快投だった。

 大量リードを奪った八回から、奥川は左翼の守備に就いた。球数は87球で、決勝を見据えての“温存”となった。

 165球を投げた智弁和歌山戦から中2日での快投。「状態はいいので投げたいです」と、監督に直訴していた奥川は「次につながりホッとした」と安どの笑み。この日の状態については「万全ではなかったが、投げられる状態だった」とうなずいた。

 この日は最速153キロも「打たせていこうと考え、その通りの投球ができた」と制球重視の投球で快勝。早くも決勝を見据え、「あさっても投げることになる。しっかり投げたい。全てを出し切り、後悔のないようやりたい」と力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス