文字サイズ

作新学院-中京学院大中京 走者の口元を触るしぐさ 球審から指摘

 「全国高校野球選手権・準々決勝、中京学院大中京6-3作新学院」(18日、甲子園球場)

 作新学院(栃木)が、初回に二塁走者のしぐさで球審に指摘される一幕があった。

 3点を先制してなお2死二塁。打席の7番・八重幡に4球目が投げられた後、大槻球審がタイムをかけ、二走・横山に声をかけた。

 横山によると癖で口元を触ったしぐさをしてしまい、「紛らわしいことをしないように」と言われたという。今春のセンバツで騒動になった経緯もあり、地方大会を含めて「紛らわしい行為」への注意喚起はたびたび見られる光景。「サイン盗みとかは絶対にしていないです」と、強く訴えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス