文字サイズ

智弁和歌山応援団「ジョックロック」の魔曲ぶりに感嘆の声 ゴロのバウンドが…

 「全国高校野球選手権・2回戦、智弁和歌山7-1明徳義塾」(13日、甲子園球場)

 智弁和歌山(和歌山)が0-1と1点を追っていた七回に大会最多タイ記録となる1イニング3本塁打の猛攻で7得点し、逆転に成功した。ネット上では、この回に応援団が演奏していた「ジョックロック」の魔曲ぶりが話題になっている。

 智弁和歌山がチャンス時に演奏する“チャンステーマ”としている「ジョックロック」は、同校にビッグイニングをもたらす応援曲として知られている。この試合では七回、明徳義塾(高知)がリードしていた場面の1死二塁から“発動”した。

 一、三塁の場面では黒川が遊ゴロに倒れたかと思われたが、遊撃手の目の前でボールが高く弾み同点タイムリーに。捕球されていれば併殺もありえただけに勝敗に大きく影響したシーンだった。

 なおも演奏は続き、細川は勝ち越し3ラン、根来の2ラン、東妻のソロを後押しした。試合の流れすらたぐり寄せる“魔曲”ぶりにツイッターでは感嘆の声が多く投稿された。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス