文字サイズ

ソフトバンク・スチュワート最速151キロ 初実戦2回0封「緊張と興奮」

 米大リーグのドラフト会議で昨年1巡目指名されるなどしながら、6月にソフトバンク入りしたカーター・スチュワート投手(19)が9日、九州三菱自動車との3軍戦(タマスタ筑後)で来日初の実戦に臨み、2回1安打無失点だった。5月1日以来の登板と言い「投げられたことが本当にうれしい。日本で初めての試合で、緊張と興奮の両方があった」と笑みを浮かべた。

 全球種を使って24球を投じ「全体的に良かった。特にチェンジアップが良かった」と手応えは上々。一回先頭に二塁打を浴びても慌てずに2死を取り、4番にはこの日最速の151キロで空振り三振を奪った。「投げるたびに球速は上がっていくと思う」と自信を示す。次回登板は来週を希望し「球数もイニングも多めに投げたい」と意気盛んだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス