文字サイズ

オリックス 八回二死走者なしから逆転勝利 西村監督「これ以上負けるわけにいかない」

ヒーローインタビューでポーズを決める同点適時打を放った福田周平(中央右)と勝ち越し適時打を放ったマレーロ=京セラドーム(撮影・高石航平)
3枚

 「オリックス5-2ソフトバンク」(7日、京セラドーム大阪)

 オリックスが0-2の八回、2死走者なしから逆転。連敗を2で止めた。

 後藤が四球を選び、宗が二塁打を放ち2死二、三塁。福田が中前打を放ち、2者がかえった。ソフトバンクがフライではないかとリクエストしたが覆らず、生還が認められ同点に。

 さらに2死満塁のチャンスを作り、マレーロが走者一掃の中越え二塁打を放った。

 先発・竹安は7回9安打2失点。2番手・近藤が3勝目(4敗)。

 ソフトバンクは初回1死一塁から内川の左越え二塁打で先制。四回には松田宣の二塁打を犠打と甲斐の犠飛でかえし追加点を挙げたが、終盤にひっくり返された。連勝は9でストップした。

 オリックス・西村監督は「投手陣があそこまで2点で抑えてくれた。竹安は9安打でも2点で抑えてくれたのでいい投球」とたたえた。八回の攻撃については「2死から後藤が出て、つないでくれた。立派な攻撃」とにっこり。「ホークスにずっと負けていたので、これ以上負けるわけにいかないという選手の気持ちがこういう結果につながった」とかみしめるように語った。

 福田は「昨日チャンスで打てなかったので、走者をかえすつもりで打った。1勝1勝みんなで積み上げるだけ」と話した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス