文字サイズ

1イニングに4本の三塁打 オリックスが2リーグ分立後初の記録 延長十回一挙9点

延長10回、1イニング4本目となる適時三塁打を放ち笑顔の福田
3枚

 「交流戦、広島3-9オリックス」(23日、マツダスタジアム)

 1点を争う試合でもつれ込んだ延長十回に、2リーグ分立後では初となる1イニング4本の三塁打という珍しい記録が飛び出した。

 0-0で迎えた延長十回、オリックスの攻撃。大城の2点適時二塁打で均衡を破った後、2死二塁で小田がこの回1本目の三塁打で1点を追加した。

 さらに、中川の適時二塁打をはさみ、安達が適時三塁打。2者が四球で出た後に、後藤が右翼線へ3点適時三塁打。続く福田が適時三塁打と、合計4本の三塁打が飛び出した。なお、1イニング4三塁打は1リーグ時代の1947年に巨人が記録している。

 長打の嵐で、0-0で迎えた延長戦で一気に9得点をたたき出した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス