文字サイズ

楽天 二塁上に走者が2人…走塁ミスで得点機を逃す

 楽天に3連敗し厳しい表情を見せる阪神・矢野燿大監督(中央奥)
阪神に3連勝し喜ぶ楽天・松井裕樹(中央)ら楽天ナイン=甲子園(撮影・山口登)
2枚2枚

 「交流戦、阪神-楽天」(20日、甲子園球場)

 二塁上に走者が2人?判断ミスで楽天がチャンスをつぶし、阪神はピンチを脱した。

 楽天が1点をリードして迎えた八回、1死二、三塁の場面で辰己の打球は二塁へのゴロになった。

 ここで三走の銀次は本塁へ突っ込み三本間の挟殺プレーに。代走で出場していた二走・三好は、その間に三塁へ到達するかに思われたが、挟殺プレーとなっている状況を見て二塁へ戻ってしまった。ただ、打者走者の辰己は三好が三塁へ進むと判断し、二塁へ。阪神は銀次をタッチアウトにした後、二塁に送球し、重なっていた両者にタッチした。

 同一塁上に走者が2人いて今回のようなフォースプレーでない場合は、本塁に近い走者に塁の占有権が認められるため、打者走者の辰己がアウト。3つ目のアウトが成立し、交代となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス