文字サイズ

オリックス レジェンド長池徳士氏が後輩にエール「これから良くなる」

 「オリックス-ソフトバンク」(29日、京セラドーム大阪)

 試合前のセレモニアルピッチにOBの長池徳士氏が登板。打者・大城、捕手・伏見に対して投じた1球はワンバウンドになった。

 この3連戦は『KANSAI CLASSIC 2019』と銘打ち、オリックスは阪急時代の1970、71年に着用したホーム用ユニホームを着用。ソフトバンクは同時期の南海ホークスのビジターユニホームでプレーしている。

 長池氏は「当時とダブる。“灰色阪急”と言われたころは投手が頑張っても勝てなかった。それが打撃のチームへと変わっていった。今のチームも同じ。実績がないだけ。これから良くなると思う。若いし、伸び盛りの選手ばかり。上がってくると思う」と後輩たちに大きな期待を寄せていた。

 長池氏は長く阪急の4番打者としてチームを引っ張った。71年には打率・317、40本塁打、114打点の好成績を挙げ自身2度目のMVPに輝いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス