文字サイズ

巨人・原監督、山口かばう 六回途中4失点も「ローテを守って投げてくれてる」

 「中日5-4巨人」(19日、ナゴヤドーム)

 中日に敗れた巨人の原辰徳監督が5回1/3を4失点で降板した山口をかばった。

 初回、先頭溝脇に右越え三塁打を浴びるなどで先制点を奪われるも二回以降は苦しみながらも粘りの投球。四回は無死一、三塁のピンチで京田、遠藤、松井雅を3連続空振り三振に仕留め、耐えていたが、追加点をもらえなかった右腕は五回にしびれをきらした。

 2死満塁。ビシエドに自身の足元を抜ける中前へ逆転2点打を許した。

 山口は4月23日のヤクルト戦で4勝目を挙げて以降、4戦連続勝ち星なし。チームは2位広島にはゲーム差なしに迫られた。それでも原監督は「まあまあ、粘り強く放っているというところはね。本人の中で訂正しているところがあれば、それは訂正していけばいいしね。しっかりローテを守って投げてくれてるし」とここまで先発の柱として支える右腕を責めはしなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス