文字サイズ

楽天・今野 闘将の教え胸にプロ初勝利「想像もしていなかった」

 「ロッテ4-6楽天」(18日、ZOZOマリンスタジアム)

 苦難の時もあきらめずに一歩ずつ踏みしめた道。その道が、思いがけない勝利につながった。プロ6年目での初白星に楽天・今野は「想像もしていなかった。うれしいです」と心からの笑みを浮かべた。

 “持ってる男”が逆転を呼び込む。3点ビハインドの六回に2番手で登板。先頭・荻野への死球などで1死二塁のピンチを招いたが無失点に抑えた。

 15日の日本ハム戦(楽天生命)は8点差の五回に登板して3回無失点。その後の大逆転勝利を呼び込んだ。平石監督も「3点差となり他の投手の選択もあったが、今野に懸けた」と続投を選択。七回を三者凡退に抑えると、打線は八回に浅村、島内の連続本塁打などで逆転に成功した。

 闘将との出会いが運命を変えた。13年のドラフト会議。その素質を見い出され全体で最後の76人目、ドラフト9位で右腕を獲得したのが当時監督の故・星野仙一氏だった。

 15年オフに右膝故障から一時は育成契約となるが、折に触れて受けた星野氏の激励が支えとなった。「四球に厳しい方だった。そこは逃げない。自分の中で大事にしている」。強気の投球で引き寄せた白星を「星野さんに報告したい」と今野。闘将に導かれた男の潜在能力は、長い冬を乗り越えて開花の時を迎えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス