文字サイズ

巨人・菅野がまさかの四回途中7失点KO 自身初の3連続被弾にぼう然

3回、3者連続弾を浴び捕手・小林(右奥)から声をかけられる菅野(撮影・園田高夫)
3枚

 「ヤクルト-巨人」(25日、神宮球場)

 巨人・菅野智之投手が、今季ワーストとなる四回途中7失点でKOされた。被安打12、めった打ちとなった。

 今季初の中5日のマウンドとなったが三回、無死一塁から、青木宣親外野手に右翼席へ先制の4号2ランを被弾。さらに、続く山田哲人内野手にもスライダーを仕留められ、左翼席へ5号ソロを運ばれた。

 女房役の小林がマウンドに駆け寄ったが、バレンティンにも左翼席へ特大の5号ソロを被弾。まさかの3者連続本塁打は全て完璧に仕留められ、菅野はショックを隠せず。続く雄平にも強烈な中前打を打たれ、大粒の汗を流した。この後、村上に適時二塁打を打たれ、一挙5失点。昨季のCSでノーヒットノーランを達成した神宮で、予想外の展開となった。

 さらに、四回も青木、山田哲、バレンティンに3連打を浴び、6点目を献上。ここで降板となった。この後、2番手高木が1点を失い、菅野は7失点となった。

 菅野が1試合3本塁打、3連続本塁打を浴びるのはいずれも自身初。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス