文字サイズ

ヤクルトが首位浮上 バレンティン“ドヤ顔”2発で巨人を沈める

7回ヤクルト2死一、二塁、バレンティンが逆転の中越え3ランを放つ=東京ドーム(撮影・園田高夫)
2枚

 「巨人6-11ヤクルト」(13日、東京ドーム)

 ヤクルトが15安打で11得点。7発が乱れ飛んだ空中戦を制し、首位に浮上した。

 強打がさく裂した。一回、山田哲がバックスクリーンへ先制の3号2ラン。四回はバレンティン、雄平が連続ソロを放ち、リードを4点に広げた。

 その後、逆転を許して1点を追う展開となったが、七回は2死一、二塁でバレンティンがバックスクリーンへ値千金の4号3ラン。打った瞬間、マウンドの吉川光に視線を送り、“ドヤ顔”で打球を見届けた。「何とかしようと本塁打を狙っていました。前のランナーに感謝したい」とバレンティン。2発で巨人を沈めた。

 巨人は岡本、坂本勇、田中俊が3発を放って対抗したが、先発のヤングマン、4番手の吉川光ら投手陣が踏ん張りきれず。貯金3、2位に転落した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス