文字サイズ

ソトに始まりソトに終わる…DeNA悪夢の逆転負け 平凡フライ、満塁でポロリ

 「阪神12-8DeNA」(9日、甲子園球場)

 DeNAがまさか、まさかの逆転負けを喫した。バットでは何度もチームを救ってきたソトの守備に始まり、ソトの守備に終わるという、無念さの残る試合となった。

 二回2死一、二塁で打席には梅野。先発・上茶谷がカウント2-2から投じた6球目は、右翼への打球となった。ふらふらとフライは上がり、ポトリ。一時は失策と表示され、のちに三塁打に訂正されたが、ソトのまずい守備から2点を奪われた。

 その後、打線が奮起し筒香の4号2ランと2点適時打、中井の1号ソロなどで8得点。8-6で終盤の八回を迎えた。

 この回に悪夢が待っていた。この回から登板したパットンが先頭の梅野にソロ弾を浴びて1点差に。さらに、2死満塁となり本来は抑えの山崎までつぎ込んだ。カウント1-2から福留の打球はライトのソトへ。平凡なフライに見えたが、取り切れずポトリとボールは落ちた。

 2死のため、当然、走者は全員生還。山崎は代打のナバーロと梅野の適時打も浴び、梅野にはサイクル安打まで記録されてしまった。

 試合をひっくり返す力は残っておらず、九回はドリスの前に三者凡退。あまりにも痛すぎる黒星となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス