文字サイズ

日本ハム・吉田輝星が公式戦デビュー 2回1失点 栗山監督も熱視線

イースタンリーグ公式戦にデビューした日本ハム・吉田輝星=鎌ケ谷(撮影・出月俊成)
2枚

 「イースタン、日本ハム-ヤクルト」(19日、鎌ケ谷スタジアム)

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=が、公式戦に初登板し、対外試合で初めて失点を喫した。2番手で五回にマウンドへ。先頭の奥村を四球で歩かせ、ドラフト2位の中山(法大)に144キロ直球を中前に運ばれるなどで無死二、三塁のピンチを招いた。だが藤井を144キロ直球で詰まらせ左飛、三輪を144キロ直球で遊ゴロに仕留めた。

 六回は先頭の井野、続く太田と連続四球を許し、田代に中前打を浴び無死満塁。このピンチで川端に143キロ直球をセンターに運ばれ犠飛で1失点を許した。続く奥村は144キロ直球で空振り三振、中山を143キロ直球で遊ゴロに仕留めた。結局、この日の最速は146キロで2回を2安打3四球1奪三振1失点だった。

 この日は日本ハムの2軍本拠地“開幕戦”となった。栗山監督、木田投手チーフコーチが視察に訪れ、吉田輝の投球にも熱視線を送った。

 右腕は12日の教育リーグ・楽天戦(鎌ケ谷)でプロ入り後、初めて対外試合に登板。最速146キロの直球を主体に堂々と挑み、1回を1安打1三振無失点に抑えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス