文字サイズ

侍・吉田のパワーに敵将も驚き「アメリカから誘いが来ているんじゃないか?」と逆質問

1回、吉田が右越えに満塁本塁打を放つ(投手・バレダ)=京セラドーム
1枚拡大

 「強化試合、日本代表6-0メキシコ代表」(10日、京セラドーム大阪)

 4番で起用された侍ジャパン・吉田正尚外野手(オリックス)が、満塁弾を放つなど2安打5打点と大暴れした。

 前夜の第1戦も2安打1打点。強烈な存在感を残した吉田正について、メキシコ代表のダン・フィロバ監督も驚き。「素晴らしいバッターだ」と印象を語った後、「彼はアメリカでプレーした経験があるのか?アメリカから誘いが来ているんじゃないか?」と報道陣に逆質問した。

 吉田正はこの試合4番で起用されると一回、いきなり先制の満塁本塁打。低めの146キロ直球をすくい上げ、弾丸ライナーで右翼席へ運んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス