文字サイズ

楽天ドラ1辰己“1号”風に頼らず左へガツン!平石監督「大したもの」

 2ランを放つ辰己
1枚拡大

 「練習試合、楽天1-4ロッテ」(17日、金武町ベースボールスタジアム)

 楽天のドラフト1位・辰己涼介外野手(22)=立命大=が17日、ロッテとの練習試合(金武)で、対外試合初安打となる2ランを左翼席へたたき込んだ。

 二回、相手はロッテ先発陣の一角を担う有吉だった。「外角を狙っていて逆らわずに打てた」。外角高め139キロの直球を、完璧に逆方向へはじき返した。

 無風ながら打球はグンと伸びてフェンスを越えた。会心の一撃に「初球を大振りした時、『ダメなスイングだ』と軌道修正できた」と納得の表情を浮かべた辰己。平石監督も「なかなか逆方向には放り込めない。大したもの」と目を細める。

 これまでの実戦2試合はフル出場で無安打。前日に指揮官から「結果が欲しいか」と聞かれ「欲しいッス」と即答。そこで「欲しい思いだけで打てたら皆打てるぞ。フルスイングって何をフルに振るんだ?体だけが回ってバットが出てないぞ」とアドバイスされた。

 六回先頭の第3打席では中前打も放ったが「1席目は自分の形で打てたけど、他はダメ」。まだまだ試行錯誤を重ねていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス