文字サイズ

巨人・岩隈、初ブルペン 右足の回復順調、充実40球

 キャッチボールする岩隈
1枚拡大

 「巨人春季キャンプ」(15日、那覇)

 右ふくらはぎ違和感で出遅れていた巨人・岩隈久志投手(37)が15日、移籍後初めてブルペン入りした。捕手を立たせたまま、直球に変化球を交えて40球。「(右足の状態は)いいですよ」と順調に回復していることを強調した。

 当初の練習メニューでは、予定に入っていなかったブルペン入り。「傾斜でやりたかったので、それを確認できて良かった」と5割くらいの力ながら、充実感をにじませた。見守った宮本投手総合コーチは「野球に飢えていた」と右腕の心境を代弁し、「(調整は)本人に全て任せている」と信頼を寄せた。

 「開幕への日付は進んでいっているので、状態を早く上げていけるように」と岩隈。宮崎での遅れを、沖縄で取り戻す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス