文字サイズ

巨人原監督 岡本のバックスクリーン弾に驚き「原辰徳としても、すごいなと」

 笑顔で紅白戦を見る巨人・原監督
8回無死一塁、バックスクリーンに2ランを放ち、巨人・坂本勇人に迎えられる巨人・岡本和真=宮崎(撮影・金田祐二)
2枚2枚

 「巨人紅白戦、紅組10-6白組」(10日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎)

 白組の4番に座った岡本和真内野手が“今季1号”を放った。

 八回無死一塁で迎えた第4打席。1-1から池田が投じた3球目を振り抜き、バックスクリーンに吸い込まれる豪快2ラン。「前に飛んでよかったです」と笑顔でダイヤモンドを一周し、一塁走者・坂本勇らとハイタッチしながら喜んだ。

 推定130メートルの衝撃弾。原監督は「この時期にあそこの場所に放り込むというね。同じ昔のバッター、原辰徳としても、すごいなというのはありますね」と、驚きをまじえながら称賛した。

 昨季、22歳シーズンで3割30本100打点をマークした主砲。今季も期待せずにはいられない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス