文字サイズ

日本ハム・吉田輝の投球にブルペン捕手が驚き「140キロ台中盤は出ていた」

ブルペンで投げ込む日本ハム・吉田輝星=鎌ケ谷(撮影・棚橋慶太)
ブルペンで投げ込む日本ハム・吉田輝星=鎌ケ谷(撮影・棚橋慶太)
ブルペンで投げ込む日本ハム・吉田輝星=鎌ケ谷(撮影・棚橋慶太)
3枚3枚

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)=金足農=が21日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で行われた新人合同自主トレで2度目のブルペン入り。スライダーを解禁するなど、力強く44球を投じた。

 再び室内練習場は熱気に包まれた。18日以来、中2日で挑んだ投球練習。木田投手チーフコーチや吉村GMらが熱視線を送る中、ドラフト5位・柿木(大阪桐蔭)の横で右腕を振った。直球25球、カーブ13球、スライダー6球。捕手を立たせた状態で投げ込んだ。

 ボールを受けた松本ブルペン捕手は「指にかかった球は140キロ台中盤は出ていたと思う。球持ちが良くて、あれだけ下半身を使って投げられる投手はあんまりいない。スライダーもすごく曲がってビックリした」と驚きの表情を浮かべた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス