文字サイズ

今秋ドラ1候補の星稜・奥川が始動 ドラフトの「主役」目指す

 投球練習を行う星稜・奥川
1枚拡大

 今春センバツの出場が確実な星稜が6日、金沢市内の同校の室内練習場で始動した。今秋ドラフトで阪神などの1位候補となっている奥川恭伸投手(2年)は、西武、ロッテ、楽天のスカウトが見守る中、ブルペンで今年の初投げを披露。ドラフトで「主役」になることを目標に掲げた。

 「(注目されることは)今年1年の成長次第で良くなることもあれば悪くなることもあると思うので、今はしっかりやれることをやって、来年のこの時期に(記事などで)書かれるような選手になっていればと思います」

 この日駆けつけたのは3球団。立ち投げでの60球を見てロッテ・小林スカウトは「どこのチームに行っても、チームを代表する選手になれる」と評価し、楽天・山田スカウトも「ゆくゆくは日本を代表するピッチャーになることも想像できる」と大絶賛だ。

 「まずはケガなくやって、体のこともしっかりやっていきたい」と奥川。地道な練習を積み重ね、ドラフト戦線を熱くするだけの成長を目指していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス