文字サイズ

アジア・ウインターリーグで盗塁王 オリックス佐野が帰国「1番走れたのは良かった」

 オリックスの佐野皓大外野手が17日、台湾で行われていたアジア・ウインターリーグを終え関空着の航空機で帰国した。

 同リーグでは14試合に出場し、打率・250、0本塁打、0打点ながら11盗塁で盗塁王に輝いた。

 「走ることに関しては自信が付きました。足で目立ってやろうと思っていたので1番走れたのは良かったと思います。(ウエスタン選抜の)関川監督に三盗の仕方も教わって成功できたのでよかった」

 走塁だけでなく、今季途中から取り組む両打ちにも手応えがあったよう。

 「ある程度、右でも左でも打てるようになった。左の精度が上がったと思います。力強さも出てきた」

 収穫いっぱいのウインターリーグとなったようだ。

 ほかにK-鈴木投手、榊原翼投手、稲富宏樹捕手、西浦颯大外野手も同便で帰国した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス