文字サイズ

甲斐、同僚・柳田の劇的弾に興奮「打つと思った」自身はマルチ安打

5回、モリーナ(左)の前で、中前打を放つ甲斐(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 「日米野球、侍ジャパン7-6MLBオールスター」(9日、東京ドーム)

 侍ジャパン・甲斐拓也捕手がマルチ安打をマークした。いずれも得点に結びつき、この日は打撃で勝利に貢献した。試合は九回2死一塁から柳田が逆転サヨナラ2ランを放ち、侍ジャパンが劇的勝利を収めた。

 取材にはまず、同僚・柳田の劇的な一発について「さすがです。打つと思った」とにんまり。2安打については「コンパクトに打とうと。何とか貢献しようと思った」とうなずいた。

 守備では盗塁企図の場面はなかったが、セーフティーバントの処理で“甲斐キャノン”を発動。結果的に打球はファウルだったが、持ち味の強肩で球場をどよめかせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス