文字サイズ

バント処理で甲斐キャノン、ファウルになっても球場どよめく

2回、二塁に送球する日本代表・甲斐=東京ドーム(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「日米野球、侍ジャパン-MLBオールスター」(9日、東京ドーム)

 侍ジャパン・甲斐拓也捕手が、セーフティーバントの処理で“甲斐キャノン”を発動。結果的にファウルとなったが、あまりの強肩ぶりに球場がどよめいた。

 二回、無死一塁。5番のソトがセーフティバントを試みた。打球は捕手前で高く弾み、素手で捕球した甲斐がそのまま二塁へ送球。素早いモーションで二塁へ送り、スタンドのファンを沸かせた。タイミングは楽々とアウトで併殺コースだったが、捕球位置がファウル。それでも、MVPを獲得した日本シリーズと同じように“甲斐キャノン”をさく裂させ、強烈に存在感を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス