文字サイズ

復帰の巨人・原監督、本拠地で“初陣” 若手の躍動に手応え

6回、ベンチから試合を見つめる原監督(撮影・堀内翔)
4回、ランニングホームランを放った松原(左)を迎える原監督=東京ドーム(撮影・堀内翔)
試合前に話し込む巨人・原辰徳監督(左)とヤンキースGM特別顧問の松井秀喜ベースコーチ=東京ドーム(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「日米野球エキシビション、巨人6-9MLBオールスター」(8日、東京ドーム)

 巨人は原辰徳監督が就任後、東京ドームでの“初陣”となった。侍ジャパンに選出されている岡本を除きベストメンバーを組み、クリーンアップには3番に坂本勇、4番に阿部、5番に陽岱鋼が名を連ねた。それでも、先発に来季飛躍を期待する2年目の右腕、高田を抜てきするなど、試合途中から若手を積極的に起用した。

 四回に代打で起用した育成出身の外野手、松原はいきなり3点ランニングホームランを放つと、六回には俊足を生かして内野安打、さらに二盗も決めて存在感をアピールした。

 原監督も「結構、躍動感があってよかった。適応力、物おじしない力がありますね」と褒めたたえた。

 先発の高田は3回7失点と炎上したが、坂本勇の適時失策や内野への飛球が天井に当たり、適時打になるなどの不運も。「堂々としたピッチングしてくれたと思います。1イニングに4つのアウトを取るのは難しい。見事なピッチングをしてくれた」と評価した。

 9日からは再び宮崎での秋季キャンプに戻る。「近々、未来に1軍でプレーできる選手を指導していきたい」と、来季へ向けた若手の成長に期待を寄せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス