文字サイズ

中日ドラ1根尾 遊撃一本直訴 京田と真っ向レギュラー勝負  

 中日からドラフト1位指名を受けた根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭=が4日、名古屋市内で入団交渉に臨み、球団の高卒野手では最高額となる契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円で仮契約した。投手、野手の二刀流で注目を浴びた根尾は、交渉の席で遊撃一本を直訴。京田との真っ向勝負に挑む決意を示した。

 鍛える刀は2つもいらない。「ポジションはショート一本でやらせてくださいと伝えました」。約1時間半の交渉後、根尾の表情はスッキリしていた。

 憧れを抱いた内野の要。全てのプレーに関わり「勝つためには大事なところ。高1、2のときにはプロではショートと決めていました」。野球の花形が持つ魅力に取りつかれた。その思いは真っすぐに伝えた。同席した松永編成部長は「外野もやろうと思えばできると思うけど、まずは彼の意思を尊重したいと思います」と話した。

 小、中、高と続けてきた投手に対して「未練はありません」。思いは断ち切った。二刀流となれば大谷(エンゼルス)のように調整のため登板前後で試合に出られない日が出てくる。一本道を究め、毎日試合に出ることを望んだ。

 6学年上で昨季新人王の京田との定位置争いに身を投じる。「一先輩でもあり、競争相手。自分は負けたくないという気持ちを前面に出していきたいと思います」。最も自信を持つのは肩。小学6年のときにソフトボール投げで88メートル92センチを投げた強肩を武器にする。

 ナゴヤドームには何度か足を運んだ。「接戦のイメージがあります」。脳裏にはある試合が焼きついている。07年8月11日の巨人戦。1-1の延長十二回、堂上剛(現巨人ファーム打撃コーチ)が代打サヨナラ本塁打を放った。バックネット裏で観戦し、帰ろうとしたところの劇的弾だった。「チームに貢献したい気持ちは強いです」。今度は自分が感動を与える番だ。

 入団合意は今年ドラフトで指名された104選手で最も早い。「一番先にやっていただいたのは、頑張ってほしいという(球団の)思いが含まれていると思うので、今後も自覚と責任を持ちたいと思います」と気を引き締めた。進べき球道は決まった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス