文字サイズ

“甲斐キャノン”がまたもさく裂 盗塁阻止率10割 捕手最多盗塁刺記録に迫る

5回、広島・安部友裕の二盗を刺したソフトバンク・甲斐=ヤフオクドーム(撮影・棚橋慶太)
2枚

 「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-広島」(31日、ヤフオクドーム)

 “甲斐キャノン”がまたもさく裂した。ソフトバンクの甲斐拓也捕手が五回、二盗を試みた安部を余裕で刺してみせた。

 2死一塁で田中の打席。1ボール2ストライクからの4球目、一走の安部が好スタートを切ったが、甲斐は捕球後、強肩発動。二塁ベース上でドンピシャの素早い送球で盗塁を封じた。

 今シリーズは第1戦から4試合連続4度の盗塁企図を全て刺す阻止率10割。4者連続盗塁刺は、1958年・藤尾(巨人)以来、60年ぶり2人目となった。さらに同一シリーズの捕手最多盗塁刺、52年の広田(巨人)の6に迫る勢いだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス