文字サイズ

西武・榎田、CS初マウンドも3回4失点KO「フォアボールが反省点」

3回、中村晃(左)に適時打を浴びる榎田
2枚

 「パCSファイナルS・第3戦、西武-ソフトバンク」(19日、メットライフドーム)

 西武の榎田大樹投手が3回を5安打4失点でKOされ、CS初登板初先発勝利はお預けとなった。

 登板前「こうやって1軍で投げさせてもらってうれしい」と大舞台で投げられる喜びをかみ締めマウンドに上がった左腕。スライダー、チェンジアップ、カーブを内外角に投げわけ二回まで無失点も三回に捕まった。

 1死一、二塁。2ボールから真ん中に入った変化球を上林に右翼席へ運ばれ3ランを被弾。悔しそうに右翼席を見つめた。

 さらに2死一、三塁から中村晃に左前適時打を浴び4失点。ソフトバンク対策について「内容に関係なく、点差を広げられないように」と話していたが降板後「1、2回は粘り強く投げられましたが、3回の送りバントのケースでフォアボールを出してしまったことが大量失点につながってしまいました。そのフォアボールが反省点です」と振り返った。

 阪神からトレードで移籍した左腕はキャリアハイの10勝を挙げクライマックスシリーズでの先発を勝ち取ったが、五回も投げきれず苦いプロ初CSのマウンドとなった。

 

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス