文字サイズ

金足農・輝星 侍ポーズで締めた 自己最速152キロ&11K 進路は結論先送り

 帽子を飛ばし力投する金足農・吉田(撮影・持木克友)
1枚拡大

 「福井国体・高校野球硬式・2回戦、金足農7-0常葉大菊川」(2日、福井県営野球場)

 今夏の甲子園で準優勝した金足農のエース・吉田輝星投手(3年)が、高校最後の公式戦で先発。自己最速を更新する152キロを計測し、5回4安打無失点で毎回の11三振を奪う快投を見せた。侍ポーズを解禁し、初回に決勝打。阪神、オリックスなどが視察する中、コールド勝ちで締めくくった。進路については「まだ考えていない」と結論を先送りにした。

 最高に盛り上がったスタンドに乗せられた。二回1死。吉田は自己最速の152キロで8番・漢人を見逃し三振に仕留めた。

 その直後、ファンが球速表示に騒然となった。「ざわついていたし、リリースの手応えがあって『これは(球速が)出てる』と思った」。吉田は振り返ってバックスクリーンの球速を確認。「最後の試合で自己最速を出せたのはうれしかった」。両手を挙げて感情を表現した。

 福井でも巻き起こった“かなのうフィーバー”に気分が高揚していた。試合前から内野席の大半が埋まり、本塁後方付近は立ち見が出た。

 初回にマウンドへ上がると、ファンはスマホやカメラを吉田へ向けた。期待に応えて、U18アジア選手権では封印していた侍ポーズも解禁。「盛り上がってくれて、すごく楽しかった」。最高の気分のまま、立ち上がりから飛ばした。

 140キロ台後半の直球を連発。初回2死満塁からは5者連続三振を奪った。5回4安打無失点。毎回の11三振を奪った。

 3番打者としては、初回1死二塁での先制中前適時打を含む2安打。六回から右翼に回り、七回は背走して捕球する好守も見せた。試合後は体をのけぞらせて歌う“全力校歌”。「最後の試合を楽しめてよかった」と笑顔で声をはずませた。

 この日も阪神などが視察。プロ志望届の締め切りは11日で、大学進学かプロ入りかの進路が注目を集めているが、結論は先送りにした。甲子園以降は多忙だったため、両親らと話し合えていないという。「周りに『後悔しないような道を選べ』と言われるので、それを意識したい」と話すにとどめた。

 今大会は大会日程が変更となり、4強に進出した時点で1位扱いとなる。「4チームでの1位でもすごくうれしい」。日本中を巻き込んだフィーバーの主役は、最高の形で高校野球生活を終えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス