文字サイズ

金足農・吉田 大阪桐蔭・柿木をツーシームで驚かせる「おお、すげえ」

永田裕治監督(右)の見つめる中力の込もった投球をみせる吉田輝星=宮崎市内のグラウンド(撮影・持木克友)
3枚

 第12回U18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場する高校日本代表が、試合会場のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で練習を行った。

 これまでの実戦で登板がなかった金足農・吉田輝星投手(3年)は、キャッチボールで現状での全力投球を披露。「調子は上がってきている。甲子園の時より状態はいいと思う」と満足そうな表情。相手を務めた大阪桐蔭・柿木蓮投手(3年)をツーシームで驚かせる場面もあった。

 短い距離のキャッチボールから始め、遠投は約60メートルまで距離を伸ばした。その後、再び距離を縮めると、本番さながらの投球を見せた。ツーシームを投げると、柿木は「おおー、すげえ。ナイスボール」とうなった。

 柿木は「ツーシームはシュート系。あまり投げる投手を見たことがないんですが、よかったです。直球も縦回転がキレイでした」と振り返った。

 吉田はここまでの実戦3試合で登板はなく、大会までの実戦は31日・宮崎県高校選抜との壮行試合のみとなった。永田裕治監督は注目を集める右腕に対して、「屋外では今日が初めてだけど、やってきているので徐々に来ているな、という感じがする。計画通りというか。僕は(実戦で投げさせたい)気持ちはある。投げたとしても1イニングくらいかなと思う」と登板を示唆した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス