文字サイズ

オリックス・吉田正20号 球団日本選手でプロ3年目以内20発は藤井康雄以来

 4回、吉田正が同点2ランを放つ。投手・ミランダ
1枚拡大

 「オリックス2-7ソフトバンク」(18日、京セラドーム大阪)

 空砲にはなった。それでも、確かな成長は印象づけた。オリックス・吉田正尚外野手が今季20号2ラン。一時同点となった一発はプロ3年目で初めてシーズン20本に乗せたアーチとなった。

 持ち味のフルスイングだった。2点を追う四回無死一塁。「ポイントを前に。真っすぐを狙っていきました」。ソフトバンク先発・ミランダが投じた3ボール1ストライクからの直球をガツン。鋭い打球は勢いを失うことなくバックスクリーン右で弾んだ。

 球団の日本選手で、プロ3年目以内に20発を放ったのは、藤井康雄(現打撃コーチ)がプロ2年目で記録した88年以来、30年ぶり。「次は30を目指して」。過去2年は腰痛で途中離脱も、今季はここまで全試合出場で規定打席もクリア。4番としてチームを引っ張り続ける。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス