文字サイズ

金足農・吉田「股関節が痛くて先発辞退しようかと…」試合前練習で自らにゴーサイン

金足農-近江 9回、ベンチから大きな声を出す金足農・吉田=甲子園(撮影・北村雅宏)
3枚

 「第100回全国高校野球選手権・準々決勝、金足農3-2近江」(18日、甲子園球場)

 金足農(秋田)のエース・吉田輝星投手(3年)が、この試合140球、4試合合計615球を投げ、チームを34年ぶりとなる4強に導いた。

 この試合も2失点完投、4試合連続2桁となる10奪三振と力を示し、九回裏に斎藤璃玖内野手(3年)が無死満塁から2ランスクイズを決めた。

 驚異的な投球を続ける剛腕エース。だが、試合前は「体が100%じゃなかった。朝起きたとき、股関節が痛くて先発辞退しようと思ったほどでした」という。甲子園の室内で行われた練習で、監督に状況を打ち明け「お前の野球人生はここで終わりじゃない」と伝えられた。

 登板回避の可能性は十分にあったが、キャッチボールで状態を再確認。「投げたいということを差し引いてもいけると思いました」。冷静に自分と向き合い、ゴーサインを出した。

 19日は休養日を挟み、日大三との準決勝を戦う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス