文字サイズ

創志学園・西純矢投手、九回逆転負け 最速148キロ、3安打も9四死球と乱れる

1回下関国際無死、下関国際の1番打者・浜松を三振に仕留め吠える、創志学園・西=甲子園(撮影・中田匡峻)
3枚

 「第100回全国高校野球選手権・2回戦、下関国際5-4創志学園」(15日、甲子園球場)

 創志学園の先発・西純矢投手(2年)が9回を3安打も9四死球と制球に苦しみ、5失点で九回逆転負けを喫した。

 創成館(長崎)との1回戦で毎回の16奪三振で4安打完封勝利を飾り、チームを夏初勝利に導いた右腕が、179球を投げ抜くも2点リードの九回、逆転を許して甲子園を去った。

 最速は148キロを計測したが、制球が乱れた。3点リードの三回に四球の走者を一塁に置いて、下関国際の1番・浜松晴天内野手(3年)がタイムリー二塁打を許すと、五回も四球から味方守備の乱れから1点を失った。

 その後は立ち直ったからに見えたが、2点リードの九回に再び乱れた。

 先頭打者から2四死球と安打で無死満塁のピンチを招くと、自らの暴投で1点を失った。さらに品川裕人捕手(3年)には、右前安打で同点とされ、なおも無死一、三塁からの中犠飛で勝ち越しを許した。

 打線は二回に先制。2四球と犠打バントで1死二、三塁とし、7番の金谷温宜外野手(3年)が適時二塁打を放ち、2点を奪うと、2死二塁から9番の小谷勝星外野手(3年)が中前へはじき返し、この回3点を先制した。八回には3連打で1死満塁とし、内野ゴロの間に1点を加えた。

 下関国際はわずか3安打も、先発した鶴田克樹投手(3年)が9回9安打4失点と粘り強く投げ、初の3回戦進出を決めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス