文字サイズ

ZOZO前澤友作氏、プロ野球球団所有へ準備 シーズンオフに球界提案へ

前澤友作氏
1枚拡大

 ファッションサイト「ZOZO TOWN」などを運営するスタートトゥデイ社社長の前澤友作氏が17日、ツイッターを更新し、プロ野球球団を持ちたいという“大きな願望”をつぶやいた。シーズンオフに球界へ提案するプランをつくるという。

 前澤氏はツイッターで「どうしても公言したい【大きな願望】があります」と投稿したあと、17日正午に再びツイート。「【大きな願望】プロ野球球団を持ちたいです」と公言した。

 「球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい」と所有する球団のイメージをつぶやくと「シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります」と今シーズン後に球団所有へ向け、動き出すと明言。「皆さまの意見も参考にさせてください。そこから一緒に作りましょう!」とファンへ呼び掛けた。ハッシュタグには「ZOZO球団」とタグ付けした。前澤氏は、2016年に千葉マリンスタジアムの命名権を買い取り「ZOZOマリンスタジアム」と命名している。

 前澤氏はSNSで、サッカーW杯決勝戦を観戦したことを報告。女優の剛力彩芽も同じようにインスタグラムにアップしたことから、一緒に観戦したものと思われる。その直後に帰国し、音楽フェスも堪能したが、これが前澤氏の球団所有願望に火を付けたようだ。

 ツイッターで「ロシアW杯からのapbankフェス。スポーツと音楽が人と人を繋げ、国境や人種や性別を超え僕たちに夢や希望や力を与えてくれる。素晴らしい、もっと感じていたい、もっと深く関わりたい。そんなことを強く思い、どうしても公言したい【大きな願望】があります」と予告していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス