文字サイズ

中西太氏が高校野球香川大会で始球式 母校・高松一ユニで「本当にありがたい」

香川大会開幕戦で始球式を行った中西太氏
1枚拡大

 「高校野球香川大会」(9日、レクザムスタジアム)

 開幕戦前に高松一OBで元西鉄の中西太氏(85)が始球式を行った。母校のユニホーム姿でマウンドに上がり、ゆったりとしたフォームから投じた球はワンバウンドで捕手のミットへ。観客席から大きな拍手を浴びた中西氏は「85歳まで生きて100回大会で(始球式を)できるなんて、本当にありがたいこと」と笑顔で話した。

 開会式では故郷の後輩球児らを前にあいさつ。「失敗を恐れず、コツコツとやってきたことをこの大会で思い切って発揮してください。今、日本ではいろんな災害が起きています。高校生の諸君が元気にしてあげてください」とエールを送った。

 中西氏は高松一時代に春1回、夏2回甲子園に出場し、夏は2回とも4強入り。主将として出場した1951年夏には2本塁打を放つなど大活躍し、「怪童」と呼ばれた。52年に西鉄に入団し、本塁打王に5回輝くなど豪快な打撃で西鉄の黄金時代を支えた。引退後は西鉄、日本ハム、阪神などで監督やコーチを歴任。99年に野球殿堂入りした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス