文字サイズ

ヤクルト・青木 頭部死球を受け担架で運び出される 阪神・岩貞は危険球退場

1回、ヤクルト・青木宣親の頭部への死球でヤクルト・小川淳司監督に謝罪する阪神・金本知憲監督(右から2人目)=神宮(撮影・出月俊成)
1回、先発の阪神・岩貞祐太から頭部へ死球を受け倒れ込むヤクルト・青木宣親=神宮(撮影・田中太一)
1回、頭部に死球を受け退場したヤクルト・青木=神宮球場(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 「ヤクルト-阪神」(30日、神宮球場)

 ヤクルト・青木宣親外野手が、一回に右側頭部へ死球を受けて交代した。青木は両リーグ最多、13個目の死球。阪神・岩貞は危険球退場となった。

 6点を先制された直後の一回、無死二塁。岩貞が青木に投じた3球目の直球が右側頭部を直撃。青木はその場で立ち上がることができず、トレーナーらが処置。右翼席から青木の応援歌が流れるなか、担架で球場外へ運び出された。そのまま負傷交代となり、代走・雄平が送られた。

 球場は騒然。阪神・金本監督も青木のもとへ近寄り、心配そうに見つめた。帽子を取ってぼう然としていた岩貞は、わずか7球でマウンドから姿を消した。ベンチ裏で青木は自らの足で歩き、球場に到着した車に乗り込んだ。

 青木はその後、病院で検査を受けて、七回表に神宮のクラブハウスに戻った。

 試合は立ち上がりから大荒れの内容。初回、阪神が6点を先行。ヤクルトはその裏、青木の死球などで無死満塁とし、バレンティンの三ゴロの間に1点を返した。

 だが、阪神が二回に3点、五回にも4点を加えて大量リードを奪った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス