文字サイズ

ロッテ・大嶺翔、借金トラブルで引退 2年前から球団に“取り立て”

 任意引退が公示されたロッテ・大嶺翔
1枚拡大

 ロッテは23日、大嶺翔太内野手(26)から金銭トラブルによる退団の申し入れがあり、受理したと発表した。同日に日本野球機構(NPB)から任意引退が公示された。2年ほど前から球団に複数の債権者から連絡が入るようになり、球団は改善を指導してきたが、状況は変わらず最近になって再びトラブルが発生。球団との話し合いの中で大嶺翔から引退を申し入れてきた。

 2年ほど前から球団に複数の債権者から連絡が入るようになり、林球団本部長は「本人の相談を受けながら改善の要求をしていた」という。しかし、状況は変わらず、最近になって、また新しいトラブルが発生。大嶺翔から「一から出直したいという強い要望があった」と引退の申し入れがあり、球団との話し合いの中で引退を受け入れた。

 複数の金融機関から借り入れがあるが、反社会的勢力との関わりはないという。返済額は明かさなかった。

 大嶺翔は球団を通じ「多くの方にご迷惑をおかけしてしまったことを深くおわび申し上げます。すべてはプロ野球選手としての自覚のなさから出たものだと思います。応援していただいたファンのみなさま、期待をかけていただいた井口監督、再三注意と指導をしてくださった球団のみなさまの思いを裏切る形になってしまい、大変申し訳ございません」とコメント。前代未聞の金銭トラブルによる現役引退を猛省した。

 入団前には飲酒補導で入団が白紙になるトラブルもあった大嶺翔。借金問題を解決できずプロ野球界を去る決断を下した。今後は野球界を離れ、一社会人として、新たな環境で出直す決意を固めている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス