文字サイズ

オリックス・田嶋 6回4安打2失点 6勝目はお預け

 ロッテ戦の8回に登板し、勝利投手となったオリックス・山本=わかさスタジアム京都
1枚拡大

 「オリックス-ロッテ」(27日、わかさスタジアム京都)

 オリックス先発のドラフト1位・田嶋(JR東日本)は6回4安打2失点で降板した。

 3回まで無安打に抑えていた左腕だが、2点リードで迎えた四回の先頭角中に左前打を許すと、続くドミンゲスに同点2ランを被弾した。一方、打線は初回1死一塁から吉田正が今季7号2ランを放ち先制に成功していた。

 この日の舞台・わかさスタジアム京都は、西京極球場と呼ばれていた67年10月1日に球団初優勝を飾った地。選手らは85~88年に使用していたビジターユニホームでプレーしていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス