文字サイズ

DeNA飯塚、6回2失点の粘投も反省「2死から失点を許してしまった」

 「DeNA-阪神」(4日、横浜スタジアム)

 DeNAの飯塚悟史投手が今季初登板。7安打を浴びながら、6回2失点と粘りの投球を見せた。

 初回の2死三塁の危機を切り抜けたが、二回は1死二、三塁から梅野にスクイズを決められて先制点を献上。五回は2死から高山、鳥谷に連続二塁打を許して追加点を奪われた。

 今季はオープン戦3試合で防御率0・61と安定した投球を見せ、プロ4年目で初の開幕ローテ入り。登板前は「早く試合をやりたいという気持ち。すごく状態がいい」と話していた。阪神戦で3月7日のオープン戦で5回1安打無失点の好投を見せたが、シーズンでは強力打線にリベンジされた格好だ。

 降板後は「調子は悪くなかったが、先制点を取られたことと、五回2死から失点を許してしまったことは反省。勝負球の意図を明確にすることと、変化球の精度を上げることを意識していきたい」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス